月別アーカイブ: 2015年12月

松江市内の大規模修繕工事

現在松江市内でマンションの大規模修繕工事のコンサルタントのお手伝いをさせて頂いています。

昨日の午前中は、松江市内2件目のお手伝いの契約のお話のために出向いて行きました。その後、午後には別のマンションの方よりご相談があったのでお伺いし、夕方岡山に帰ってきました。

甚だ失礼なことですが、最近近県各地でのお手伝いが多くなったので、他県の県民性はどうなのだろうと気になるので、ネットでダウンロードしたりして「ふんふん」とかつぶやいているところです。ネット情報などでひとくくりに人となりを論じることには無理があるでしょう。これまでで感じた島根県の方の印象はとあえて言えば、熱心・親切・礼節でしょうか。もちろんお手伝い(仕事)の関係で香川県の丸亀市の方や広島県の広島市の方とも親しくさせて頂いています。

どちらの方とも共通していることは、頼む側の責任をきちんと立ち位置として明確にされていることです。つまりマンション問題に限らず、何事でも本当に自分たちの利益を守ってくれる味方を選ぶことが最初の責任なのでしょう。

一方的な意見でしたが、先方だって岡山県人をどのように感じているのだろうといった点に思いを至らすことも必要でしょう。

 

帰り道での大山の様子です。

山頂には冠雪、ふもとでは終わりかけた紅葉です。岡山と違って松江市内の空気は冷たかったです。

担当スタッフは当分2年ほどは松江市に出向いて行きます。

IMG_6681車窓から

感謝状を頂きました

長年設計監理の仕事をさせて頂いてきましたが、マンションの管理組合様より感謝状を頂くことはありませんでした。

感謝状と言えば市町村の業務では過去に多数の感謝状を頂いてきました。特に印象に残ったのは県北の木材産地の町より木製の感謝状を頂いたことです。

この度のことは突然で、感謝状を頂けるとお聞きし大変びっくりし、そして大変なご評価を頂き本当にありがたいことだと感激しているところです。

現在多くの管理組合様より大規模修繕工事の引き合いを頂いています。この度の感謝状を糧に管理組合の皆様にもっと喜んでいただける様なお手伝いを続けたいと思います。

アルファステイツ中庄駅前管理組合の皆様、そして工事関係者の皆様大変ありがとうございました。

感謝状

 

人材不足

今建設業界が大変。杭のデータ偽装とは関係ない。

「コンクリートから人へ」が影響したのか、はたまた団塊の世代が多くリタイヤしたのか、その原因は分からない。

建設業法では施工する現場に応じて主任技術者又は監理技術者を配置し、施工状況の管理・監督をしなければならないと定められています。規定では請負金額の大小、元請・下請けに関わらず主任技術者を置かなければならない。また請負金額の合計が3,000万円(建築一式工事の場合は4,500万円)以上の場合には監理技術者を置かなければならないとなっている。

つまり小規模であっても資格を持った建設技術をもった現場監督が必要となるのです。工事施工会社では仕事の引き合いがあっても、現場を担当させる技術者がいない。

このような状況は全国的な状況のようであり、発注者側としても工事はどこでもいつでも引き受けてもらえる。あるいは工期も要望通りやってもらえると考えるのは無理となりそうです。

現実的な対応として、先方の要望も考慮してお願いするなどしないことには、どこの工事会社からも請け負ってもらえないかもしれない。

建設業界の人手不足の一端でした。