月別アーカイブ: 2018年11月

お客様の声

何かを相談しなければいけないときに誰が信用できるのか迷う時がある。

私たちもマンション管理組合様より選ばれる立場なので、おそらく管理組合の役員の方々も、どのようなコンサル会社が良いのだろうか、そして能力が高くて信頼できる人は誰だろうか?

このように考えるのは当たり前だと思うが、一番の判断材料は「お客様の声」が的確な判断材料と思われる。いくらプレゼンの資料を読んでも、その中身が本当なのかは分からないといった疑問が残るのではないのでしょうか。

最近不適切コンサルタントのことが言われているが、プレゼン資料には必ず担当した実績物件がかかれているので、その実績先の窓口となった人に取り次いでもらうよう働きかけるのが「お客様の声」を聞かせて頂く手っ取り早い方法です。

コンサル会社が取次ぎ要請を断るようでは、この時点でバツ。信頼できないと判断しても構わないと言える。理由は簡単です。業務を依頼して満足感の残る評価だったら、実績先の窓口の方も喜んでお話しいただけるし、反対に評価できないと思われているのだったら、はなから他人様と面談などしたくないと感じるのは誰でもだと思いますが、如何でしょうか。

このひと手間を惜しむか否かで、その後の満足度(成功か失敗か)がわかれることが予測できる。

「お客様の声」について、あるコンサル会社に取り次ぎ要請をしたところ、「管理会社に取次依頼をしてください」とのことでした。これでは管理会社(ボス)の配下にいるコンサル会社(ポチ)であることを自ら表明したに他ならない。このようコンサル会社が真にマンションを良くしようとする熱意には疑問が大いに残る。でもこのような僅かなひと手間を省いて、目先の委託費が高い安いと言ってコンサル会社を選定している管理組合があることも事実です。

とにかくマンションを良くしようとして、愛情をもって業務に向かうコンサル会社ならびに熱意ある担当者を選定することは、総合的な視点で見ると無駄な出費を抑えるメリットがあるような気がします。

改修業者から出される大規模修繕の工事見積額には、とんでもない金額の差があるのは事実なのだからです。見積書の中身を正しく分析して、最適な工事業者を選定するためにはコンサル会社の担当スタッフにその能力を発揮させれば、業務費の高い安いなどは比ではないのです。兎に角目先のお金に惑わされないように。