赤ひげ建太郎の今日の一日

本日、岡山市中区海吉にある社会福祉法人備作恵済会「若松園」の卒園児童を祝う会に出かけてきました。

若松園は児童福祉法に基づき、保護者のない児童(乳児を除く。ただし、安定した生活環境の確保その他の理由により特に必要のある場合には、乳児を含む)、虐待されている児童その他環境上養護を要する児童を入所させて、日常の生活を通して優しさや人を思いやる心を培い、家庭にかわる環境の中で、将来立派な社会人として自立できるよう支援します。(ホームページより)

そこで今年度この施設から巣立つ高校3年生4名を祝して、赤ひげ建太郎が会長を努めている岡山烏城ライオンズクラブが主催となり、「若松園卒園記念 高松千春ライブ」を企画しみんなで楽しもうということになりました。

もちろん施設の児童はもとより職員の方達、そして地元本村町内会の方も参加して45分間のライブ。

 会場の準備です。すべて手作り。

 

高松千春さんのライブ

町内会の皆さん

ライブの後は卒園児童を祝う会(若松園の例年のイベント)

この施設を旅立つ児童の中には15年以上の人もいて、その間、職員の先生は親代わり、共同生活を行っている仲間は兄弟(本当の兄弟で暮らしている人もいる)同様です。この施設から小学校・中学校・高校を経て、就職あるいは大学に進む子もいます。卒園は別れを意味することとなり、この祝う会は感動的でした。

卒園児童の旅立ちを祝し、そして社会にあっては力強く前進することを願ってのライブでした。

津島園長様のご配慮、我がクラブメンバーの出射本村町内会長様のご尽力、そして高松千春様はじめお二人のスタッフの方に感謝申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)