マンションに出前勉強会

建診協中国・四国支部ではマンション管理組合様のご要請により個別のテーマで勉強会を行っています。
昨日は四国の某管理組合様にお邪魔しました。
内容は、長期修繕計画の必要性などです。
多くのマンションでは計画修繕に引き当てる積立金が十分とは言えないのが実状です。
建診協中国・四国支部では、1回目の大規模修繕完成後の長期修繕計画を作成する場面が多くありますが、管理組合役員の方は、その時点で積立金が十分でなかったことの気付きをお持ちになると同時に、支出に該当する管理費から日常修繕に至るまでの出費をいかに合理的に活用すべきかなど、財政についてもしっかりとした考えをお持ちになるきっかけとなります。

翌日には広島県内の某管理組合様にもお邪魔しました。
大規模修繕が間近となり、いつからどのように手を付ければよいのか?
工事が始まるとどのようなことが行われるのか?
パートナーとは?どのようにして決めればよいのか?
工事金額はいくらくらいかかるのか?
などなど活発な質疑応答
管理組合様の熱意がすごく大変有意義な勉強会でした。

建診協中国・四国支部では、管理組合の理事会などで、「一度来てもらってみんなで話を聞いてみよう」ということになれば、一度だけは手弁当で出向いて行きますのでお気軽にお声掛けください。