牛田コーポラスC棟の事前調査が終わりました。

広島市東区の牛田コーポラスC棟の事前調査結果報告会を終えることができました。

建物は防水の補足的工事と鉄部の再塗装が求められます。
排水管調査の結果は、直管部の肉厚6.0mmの部分の残存肉厚4.7mm(最小値)でした。

排水管については、延命工法若しくは更新工法の検討となりますが、想定寿命が10年との結果であったため、今後多角的な検討をゆとりをもって行えます。
仮に更新工法であれば、専有部に大きく影響するため綿密な計画と周知合意は欠かせません。